2010年10月20日

最近のテレビアニメ事情・その2

「アニメはエロに頼っちゃいかん。」と昨日の日記で書いた
訳だけど・・・なんだか「お前が言うな。」って言われそう。
っていうか、既にそう思っている人もいるだろう。(笑

・・と、その前に一寸待ってくれ。(^^;
事情が全く違うでしょうに。 つまり・・・
私が言っているのは「テレビアニメ」の話をしている訳で・・・。

私の現在作っているアニメは、そういったアニメでは無く(^^;
初めっからアダルトなアニメな訳で、そもエロを観せる事に主眼を
置いて作られている訳だから、そもそも意味が全く違う。

それに誰でもが、目にしてしまう可能性のあるテレビの電波に
乗せている訳で無し、しっかりと年齢制限もかかっているしね。

・・・とまあ、話は戻るけど・・・。

製作者側の事情もあると思う。

アイデアが枯渇してきたとか・・・大概のテーマはやりつくした
と思い込んでいる とか…いや、それ以前に真っ当にアニメの
お話を作れる人材が減ってきたとか・・・。

果たして、どこらへんが真相なんでしょうね。
っていうか、真相もなにも、そこらへん全て含有でしょうね。(笑

…で、実際には手を抜く事を覚えた製作者やクリエイターが
増えたっていうのが、一番の大きな理由だったりして…
今のところ、そう感じている人が最も多いみたい。

どっちにしろ、業界内的には少々拙い展開ですね。
さて、今のエロ的要素・・・何処まで行くのでしょう。
posted by hayabusa at 09:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言われてみると最近のアニメはエロくなってきているきがします。
学園黙示録はすごくエロかったと思います
最近の製作者は手を抜いている方がおおいんですね
Posted by チートイツ at 2010年10月29日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167436184
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。